アニメDVDBOXクチコミ情報 | アニメDVDBOXのお買い得情報

アニメのジャンル

アニメのジャンルの中でも子供を含め家族全員で楽しめるように制作されたアニメはテレビでは大抵18時台から19時台の一家の夕食の準備から夕食の時間帯に放送される

アニメジャンルの中でもファミリー一般向けアニメは、子供を中心とした家族や、そのコミュニケーションをテーマにした作品が多い。

アニメ作品は、テレビアニメ、OVA、劇場用アニメを問わず、ほとんどに主題歌があり、主題歌のほかに挿入歌が作られたり、本編ではまったく使わないイメージソングなどがつくられることもある。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメファン北米の活動

アニメの評価は海外では、アメリカ合衆国の熱心なファンの反応や活動であることが多いです。もちろん、アメリカは金額で最大の輸出先でもあり、日本アニメのファンも多い国ではありますが、それらの評価は日本と同様、高年齢向けアニメの評価が相対的に高い方に偏っていること、実際のアニメの輸出先はアメリカだけではないこと、児童・ファミリー向け作品も数多く放送されていますが、それらの作品への評価は日本と同じように少ないことにも注意する必要がります。

アニメのファン活動は1976年にテレビを録画したアニメの上映会が始まることによって開始されました。1980年代まではおおむねこのような活動がささやかに行われていましたが、映画『AKIRA』(1988年)が1989年に世界公開されたことを発端に、日本には高年齢層向けのアニメが存在することが知られ始めました。『AKIRA』は大規模な公開はされず、世界各地の芸術系映画館で小規模な上映会を巡回的に行うという配給方式がとられたが、これが元で逆にアニメは芸術作品であるという見方もされるようになった。そして、世界各地の観客たちに確実に強い印象を与え、日本と同じように熱狂的なアニメファンを産むことになったのです。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメはごく初期、1963年から日本国外に輸出されていました。最初に輸出されたアニメは『鉄腕アトム』で、日本での放送開始から8ヶ月後に、アメリカ合衆国のNBC系列局で放送さます。この後もアメリカや北米向けの輸出は続いており、輸出金額では過半数が北米向けが占めるとも言われています。

アニメは、1970年代にはほとんど時差無くして北東アジア圏、東南アジア圏にて放送されています。 同時にアニメの日本文化の影響が強い表現や、性的な物を示唆する表現は徹底的に排除される傾向にありました。

アニメの輸出当時は、さほど日本でアニメの国際化に寄与したと言う評価は得られなかたのですが、現在においては、香港、タイ、台湾などではほぼ1週間程度の時差で日本で放送されているアニメが放送されており、文化的な距離を縮めつつあります。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。