アニメDVDBOXクチコミ情報 | アニメDVDBOXのお買い得情報

アニメの現在

アニメ作品は大半がテレビアニメ番組となっています。OVAや劇場版は時間の制限が無く、元々OVAは60分から90分程度の長さで1巻完結の作品として制作されたものが多かったのですが、シリーズ物が増えるにつれ次第にテレビアニメと同じように主題歌込みで24分程度を1エピソードとした数本単位で制作されたものが主流を占めるようになりました。

アニメは娯楽の世界だけでなく、教育などの分野にも広がっています。かつて、教育映画は実写のドキュメンタリーが主軸でありましたが、現在はアニメのものも増えています。1980年代は幼児向けに限られていたアニメの教育映画が、1990年代以降、中学生向け程度にまで広がりました。また、歴史、人権、納税啓発、広報ビデオなどにも広くアニメが使われています。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメの特徴は、その成立過程に密接にかかわっています。

アニメの特徴としてはほとんどがリミテッドアニメと言われ、1秒間に使われる絵(動画)の枚数は8枚が基本でです。ただしこれは動かす場合のときであり、常に1秒間に8枚の動画を使うという意味ではありません。ディズニーアニメに代表されるようなフルアニメ作品は少ないのです。

アニメの多くは左右に長い静止画をスクロール(パン)させる演出(カメラワーク)が多用されます。これも作画枚数の節約ですが、主に競技場の観客席やパーティ会場など、人物が多くにぎやかな状態を演出するために使われます。また、静止画そのものが使われることもあります。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメという語を用いた最初の書籍タイトルは、1975年、ポプラ社の絵本シリーズ名「テレビ名作アニメ劇場」です。 同年には日本アニメーションが創設されており、同社制作番組だけとはいえ、毎週、テレビのアニメ番組内で、社名の一部として「アニメーション」という語が表示されるようにりました。

アニメという語をタイトルに用いた最初期の例は、1968年、絵本のシリーズ名に「名作アニメート絵話」という語が現れます。ただしこれは、animationの動詞形のanimateを日本語読みにしたもので、「アニメーション」を略したものではないのです。 1969年公開のアニメーション映画『千夜一夜』は、「アニメラマ」という語を用いました。

アニメーションとドラマの合成語であり、後にアニメラマはシリーズとなり、1973年公開の第3作まで続きました。

posted by アニメDVDBOX情報 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。